薬剤師求人募集転職

良い薬剤師の転職エージェントとは

薬剤師の転職エージェントは、多くの薬剤師が抱えている転職の際の悩みしっかりと受け止めてくれる薬剤師のためのアドバイザーのことです。色々な転職サイトがありますが、転職エージェントの質であなたの今後は左右されてしまう可能性が多いにあります。転職しようとおもったらまずは薬剤師の転職エージェントに相談しようと思ってください。このサイトでは良い転職エージェントをかかえている薬剤師転職サイトを紹介いたします。

質の悪い薬剤師の転職サイトとは

強引な転職を進める担当がいる転職サイトや、何度もしつこく電話をかけてくる担当がいるところもあります。また、転職先のデメリットは言わず、良いところだけを伝えて実際に転職後と違うという経験する先輩薬剤師の方もいたりします。転職はあなたにとって人生を左右する大切なものです。絶対に失敗してはいけません。 あなたの転職の悩みをしっかり理解できるコンサルタントに相談できるサイトを選んでください。信頼、実績、評価がすべてが満足できるサイトしっかり選んで転職を成功させてください。

一般企業にも薬剤師が大人気

現在薬剤師の転職がとても多くなってきています。 専門の薬剤師は薬局から薬局に転職する人が多く、より良い職場を求めて、転職するケースが非常に多くかったですが、今では薬剤師もいろいろな場所で活躍が期待させれており、転職する幅も広がってきました。 事実、かなり多くの薬剤師経験者が一般企業にて働いているケースもあります。 薬剤師が働く一般企業として製薬会社が一般的です。 薬剤師経験者は製薬や開発だけでなく専門的知識を持った営業職、サービス、販売などにも携わっています。 また、薬剤師は化粧品会社での転職も活発になってきています。化粧品と薬剤師ってイマイチ繋がりがなさそうですが、化粧品の開発にも薬事法があり専門的知識をもった薬剤師が開発に携わることで、安心できる商品開発できます。 某化粧品会社が化粧品や美容液の過度な開発を行ってしまい、商品を買ったお客様が肌に異常が起こって白斑が残ってしまい訴訟に発展したというという事件もありました。これにより、薬用成分がいかに肌に影響を及ぼすのかを見極める開発スタッフが求められていると言えます。 そして、女性の薬剤師資格保有者であれば化粧品企業の営業として活動するニーズも高くなっていまして、豊富な薬品知識に裏打ちされた営業活動が可能になることで売り上げの増加に大きく貢献できるわけです。 このように一般企業で働く薬剤師が急激に増加している大きな背景として、薬局での雇用の不安定性と薬剤師人材についての競争激化にあるようです。現状では一般職及び総合職としての薬剤師の需要はまだまだ多くは無いのですが、サービスの多様化によりこれからいっそう一般求人は伸びていくことでしょう。

薬剤師転職サイトチェック項目

転職サイトで下記のことはしっかりサポートされてるかチェックしてください

 

転職コンサルタントによる的確な求人・転職案件のマッチングを紹介でき
希望する給与や勤務内容などの転職の際の高条件で交渉力がある転職エージェントがいる
非公開求人など希望する転職先を逆指名した場合の交渉力がある転職エージェントがいる
履歴書や志望動機が転職先に伝わる書き方を転職コンサルタントのアドバイスやサポート
面接の設定と段取りの流れをスケジューリングのサポート
面接での質疑応答の受け答えのアドバイスやサポート
転職する際スムーズ現職場から次の職場につなげるサポート
病院、ドラッグストア、製薬会社、大手薬局から小さな薬局まで幅広い転職先を確保
厚生労働大臣許可による信頼度(一般労働者派遣事業、有料職業紹介事業)
プライバシーマーク取得による個人情報の保護

 

人気の4つの求人サイト

業界最大級30,000件以上の求人数から好条件を見つけられる。 丁寧なスピード対応で即日から10件の求人紹介が可能 ・東証一部上場会社が運営する薬剤専門求人サイトです。
【薬キャリ】は日本最大級の薬剤師専門転職ポータルです。
・業界最大級!3万件以上の求人情報数
・薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応
・地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅
・紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能

⇒詳しくはコチラ

【リクナビ薬剤師】は、リクルートエージェント、タウンワーク、リクナビ、とらばーゆなどを通じ、年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する「薬剤師専門」のサービスです。 「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストア、製薬会社、病院など、「あなた」の希望を叶える好条件求人を幅広くラインナップ。


⇒詳しくはコチラ

東証上場グループ企業の業界トップクラスの求人数を誇るサイト「薬剤師転職ドットコム」です。 薬剤師の方で新しい転職先を探す方が、すべて無料で、「求人探し〜キャリア相談〜応募〜面接〜条件交渉・日程調整〜入職の手続き」のサポートを受けられます。ですので、「厳重な個人情報管理体制」や転職サポート体制も他社に比べて手厚いのが特長の「薬剤師転職ドットコム」。


⇒詳しくはコチラ

薬剤師ではたらこ

東証一部への上場企業のディップが運営する薬剤師向けの転職支援サービスです。10年を超える医療・福祉業界での看護師求人向けの「ナースではたらこ」が有名です。「薬剤師ではたらこ」も安心して使えるサービスです

 

⇒詳しくはコチラ

看護師の病院への転職、求人、採用、募集

薬剤師の転職は慎重に行わなければいけません。

 

給与はどうなるのか?

 

勤務形態はどうなるのか?

 

薬局の規模はどうか?

 

職場の雰囲気は?

 

 

 

など、など考慮することはたくさんあるのです。

 

そうです。あなたにベストマッチする薬局をさがすことは、あなた一人で転職活動する限り、かなり難しい事なのです。

 

しかし、時代は変わりました。あなたにベストマッチの薬局を探すためにWEBサイトを使うことができるのです。

 

転職サイトを使えば、あなたの勤務地、希望給与などいろんな条件で検索して、あなたの希望の病院をさがすことができます。

 

さらに多くの転職サイトにはキャリアコンサルタントがおり、転職活動の相談やスケジュール管理など、さまざまなサポートをうけることができます。

 

しかも、こういった転職サイトは無料で活用することができます。

 

転職を成功させるためのポイントはとにかくたくさんの薬局を比較検討することです。

 

そのためには、1つの転職サイトだけでなく、複数の転職サイトに登録して、多くの病院を比較することが大事です。
(転職サイトはそれぞれ違う病院の転職案件をもっているからです。)

 

転職された人は分かるのですが、職場によって、薬剤師の仕事もまったく違ったものになります。

 

今の職場に少しでもお悩みがある方は、まずは転職サイトに登録してみて、いろんな薬局の情報を集めてみるのも良いと思います。

 

転職サイトに登録したからと言って絶対に転職しなければいけないというわけではありません。

 

もし、良い職場が見つからなくても、今の薬局があなたにあっているということがわかれば、それはそれで良い事ではないでしょうか。

 

絶対転職しないといけないというわけではありません。

 

とりあえず無料登録しておいて、どんな病院があるのかという情報を集めるだけでも、転職サイトに登録する意味は十分あると思います。

 

薬剤師の転職エージェント選ぶメリット

 

 

薬剤師の転職エージェントを受ける良い点

 

薬剤師転職をお考ている方に、まずは薬剤師転職エージェントに相談を受けてみることをお勧めします。 薬剤師の転職エージェントを受ける良い点は、自分に合った働き方、収入や休み待遇など色々職場環境に合わせて適正にあう的確なアドバイスを受けられることが安心して選ぶことができます。また、非公開求人に応募でき、人気求人の職場を紹介できる特別な求人が非公開求人です。優良求人みつけて次の新たなステップにつなげましょう!

 

実績のある転職エージェントを利用することが大切

 

薬剤師の転職エージェントは色々病院やクリニック、介護施設などの職場環境や人間関係、病院の特質など、内部に関する知っておくべき特別な情報を持っていることが多く、転職して良いか判断するうえでとても大切な情報を教えてしてくれます。 いままで、転職した実際の薬剤師の声などの体験談をデータとして蓄積、その統計からあなたに適合した転職先を選び出すことが可能です。WEBサイトなどだけでは知ることができない情報ですので実績のある転職エージェントを利用することで安心して次の職場に転職できるのです・

 

薬剤師の転職エージェントの交渉力は安心

 

転職するうえで絶対これだけは提示したいという希望条件があるとおもいますが、その希望に合った最適な求人を見つけて紹介してくれるのが実績のある薬剤師の転職エージェントです。 求人の応募手続きや面接の日程調整、年収の交渉など、細かな条件までしっかりとサポートしてくれることで安心て任せられます。転職活動をスムーズに次の転職活動ができることがとても便利です。

 

薬剤師の転職人気サイトランキングベスト3はコチラ

 

薬剤師転職サイトの疑問

薬剤師は、患者さんの薬歴を管理する薬歴管理や、処方箋の問題点や疑問点を解消するために医師に確認をする疑義照会、 調剤過誤などに対しリスクマネジメントをするなどの仕事を行っています。
現在は高齢化の影響もあるため、薬剤師は「ひくてあまた」といわれているのです。 薬剤師は求人が多く、転職にも有利という理由などもあり、転職をする方も多くいるようです。 転職の理由はそのほかにもいろいろあるようです。 例えば、高収入を目指すためです。
薬剤師自体、ほかの職種に比べて比較的給料がいいといわれています。 高収入のイメージもあるでしょう。それでも、業種や地域差、企業間などで収入は変わってきます。 自分の想ったような給料をもらえない、もっと稼ぎたい。 そう思う方が転職することが多いようです。
また、スキルアップをしたいと転職を考える方も多いようです。例えば、これまではドラックストアで働いていたが、 将来自分の薬局を持ちたいので、調剤薬局でしっかりと学びたい、という方や、高齢化社会に対応し、在宅医療にも取り組んでいきたいなどです。
自分はどうしたいのか、どんな薬剤師になりたいのかということを考え、前向きに転職する方も多くいるようです。 女性の場合には、労働条件などを考えて転職される方もいるようです。 家庭がある方の場合には、土日休みがよかったり、残業がないほうがいいなど、いろいろと条件も出てきます。
結婚や出産などでライフスタイルが変わる女性は、ライフスタイルに合わせて転職を考えることもあるようですね。 労働条件のほかにも、自分の思っていた業務内容と違うという場合もあるようです。
ほかには、今の職場の人間関係がうまくいかないという場合もあるようです。 薬剤師の職場は女性が多い傾向にあります。 また、薬局などの場合、比較的小規模の組織なので、人間関係がうまくいかないと毎日働くのがつらいですよね。 理由はいろいろですが、自分仕事に対し満足度を高めたいと転職を考える方が多いようです。

薬剤師転職をするメリット

薬剤師は転職される方が多いようですが、転職のメリットは何なのでしょうか? 薬剤師の転職のメリットは、ライフスタイルに合わせて勤務状況を変えることができるということです。 女性は結婚や引っ越し、出産などで生活スタイルが変化しやすいものです。
仕事と生活を両立しようと考えると、ライフスタイルに合わせ、 フルタイムでは勤務できないけれど、バイトやパートならできる。
土日は休みたい。残業はできないなど、自分の希望に合わせた職場を選ぶことができます。 薬剤師の仕事は、病院や薬局に努めるだけではなく、ドラックストアや、企業につとめるなど、様々な方法がある職種です。
ですから、希望に合わせた職場を選びやすいことも大きなメリットです。 また、女性が多く活躍する場でもありますし、薬剤師が不足していることなどから、産後などに女性が仕事に復帰しやすいようです。薬剤師として働いてくれるのであればなどと、待遇がよい場合も多くあるようです。
給料は、業種、業態、仕事の責任の重さ、種類などによっても違いがあるのですが、 より給与の高いところへと転職することができるのも大きなメリットのようです。
ただ、給与が高いところはそれなりの責任がある仕事だったり、 仕事がハードだということが考えられるので、 仕事を選ぶときにはしっかりと仕事内容を把握して転職するようにしましょう。 薬剤師の職場は、比較的小規模な職場です。
ですから、人間関係がうまくいかないとかなり働きづらいといわれています。 女性が多い職場なので、人間関係が難しいこともあるようです。 しかし、転職先の多い薬剤師の職場。
転職すると自分と気の合う仕事仲間にも出会えるかもしれません。 また、将来自分の薬局を構えるために、調剤薬局でしっかりと学びたい、 在宅医療などの知識ともっと持ちたいなど、自分の思い描く薬剤師の形を求め、転職を考えることも可能です。 もちろん、メリットだけではなく、転職にはデメリットもあります。
メリットもデメリットもしっかりと踏まえたうえで、自分に合った働き方ができる職場を 選びたいですね。